ゾンビから生存するには?ゾンビが発生したときに生存する方法を紹介!!

2019年3月21日

ゾンビから生存するには?ゾンビが発生したときに生存する方法を紹介!!ゾンビ

ゾンビが発生したらどうしたらいいのかって考えたことがある人も多いと思います。実際にバイオハザードのように街中にゾンビが発生したらどうしたらいいんでしょうか。今回の記事ではゾンビが発生したときに生存する方法を考えてみたいと思います。

 

 

ゾンビが本当に発生するのかは多くの大学で研究や趣味レーションがされているようで、多くの研究結果ではゾンビが発生する可能性はあるそうです。

 

例えば狂犬病が変異してゾンビウィルスになったり、感染力の強いインフルエンザウィルスと狂犬病を掛け合わせることで、ハイブリッド種のゾンビウィルスを作ることできる可能性もあるそうです。

 

今回の記事では、ゾンビが発生したときに生存する方法を考えてみようと思うのでぜひ読んでみてください。

 

 

 

ゾンビが発生した時に生存する方法

 

 

それではゾンビが発生した時に生存する方法を考えていこうと思います。

 

 

事前に備蓄をしておく

 

 

ゾンビが発生したら、まず逃げるか自宅で避難するかに別れると思います

 

ゾンビウィルスが空気感染する場合は逃げるよりも自宅で避難しておくのがいいと思います。自宅で避難するためには日頃から備蓄をしておく必要があります。

 

備蓄が足りないと食べ物を求めて危険を冒してもスーパーやコンビニにいかなければいけません。

 

ゾンビが腐敗する場合は数ヶ月自宅で避難しているだけで、腐敗して歩けなくなったり、目が腐って落ちて視力がなくなったりします。

 

歩けないゾンビであれば簡単に倒すこともできるので、ゾンビが発生したらまずは自宅で待機してゾンビに関する情報を集めるのがいいと思います。

 

 

 

具体的に用意しておきたい備蓄

 

 

具体的に用意しておきたい備蓄を紹介します。備蓄をうまく使いながら、ゾンビの腐敗が始まる1ヶ月程度を自宅で生き抜くことを想定しています。

 

 

 

 

人間は1日に2〜3リットルの水分が必要だと言われています。1日2リットルで計算すると1ヶ月分は60リットルになってしまいます。

 

そんなに水を備蓄しておくことは難しいと思うので、2リットルの水の段ボールを2箱分12リットルの水を備蓄しておくのがいいと思います。

 

また、ゾンビが発生したニュースが流れたらすぐにお風呂場に水を貯めておきましょう。お風呂場に貯めた水は煮沸して飲み水として使うことができます。

 

基本的には体力が消耗しないよにあまり動かないようにして、飲み水は1日1リットル以下の摂取に抑えれば、1ヶ月間お風呂の水と備蓄の水で生き残ることができます。

 

 

ダクトテープ

 

 

ダクトテープは粘着力がとても強力なテープで強度もあるので、武器を作ったりバリケードを作ったりする時に役立ちます。

 

ダクトテープはアメリカでは一般的な緊急キットのうちの一つです。様々な使い方ができて、災害時にも役に立つので、いくつか用意しておくのがいいと思います。

 

サバイバルに持って行くならダクトテープ?ダクトテープの使い方を紹介!!

 

ガスマスク

 

 

防塵マスクかガスマスクがあれば空気感染の心配なく移動することができます。首都圏で人口密度が多い場所はすぐにゾンビでいっぱいになってしまうので、自宅に避難しても安全ではない可能性があります。

 

自宅に避難していてもたくさんのゾンビに囲まれてしまったら、扉などは簡単に壊させてしまうかもしれません。

 

なので、逃げられるようにガスマスクや防塵マスクをしておくのがいいと思います。インフルエンザウィルスと同様の感染経路であれば防塵マスクでウィルス感染を防ぐことができます。

 

 

hosum 救急セット ファーストエイド キット 災害 登山 アウトドア サバイバル 旅行 自宅 携帯用 緊急応急 救急箱

サバイバル読本DELUXE(Fielder特別編集) (サクラムック)