正しいゾンビ対策とは?ゾンビが発生したときの対策を紹介!!

2019年3月21日

正しいゾンビ対策とは?ゾンビが発生したときの対策を紹介!!ゾンビ

ゾンビが発生したら自分の身は自分で守り生き残らなければいけません。ゾンビが発生したら何をしなければいけないのでしょうか。今回の記事ではゾンビが発生したときの対策について紹介します。

 

 

ゾンビが発生した場合は生き残るためにはちゃんと日頃から対策をしておくことが大切です。

 

具体的にはどんな対策をしておけば良いのでしょうか。今回の記事ではゾンビが発生したときの対策について考えてみようと思うので、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

日頃から備蓄をしておく

 

 

ゾンビが発生した時に1番大切なのはゾンビと接触しないことです。

 

備蓄をしておけば、自宅でパンデミックが収まるまで、静かに避難しておくことができます。

 

また、噛まれて感染する以外にもゾンビウィルスは空気感染することもあります。なので、ゾンビについて正しい情報がない状況で行動をするのは危険です。

 

日頃から備蓄をしてゾンビに関する情報が集まるまでは自宅で待機をしておくのが良いと思います。

 

また、ゾンビは時間が経てば腐敗する可能性もあるので、備蓄している食料を食べながら数ヶ月自宅で待機しているだけでパンデミックが収まる可能性もあります。

自宅で待機しておくのが1番安全なので、無理に武器を調達したり、移動をしないで自宅で待機しておくのが良いと思います。

 

また、食料以外にも車のガソリンは常に満タンにしておくのが良いと思います。安全な場所に移動することになったときにガソリンがなかったら大変です。ゾンビが発生した場合じゃなくても、震災などがあったときのためにもガソリンは入れておくのが良いと思います。

 

 

安全な場所に移動する

 

 

首都圏でゾンビが発生すると1日で、首都圏は壊滅してしまうそうです。人口密度の高い場所で生き残るのは大変なので、備蓄がない場合や、安全な場所に避難することができない場合は人口密度の低い安全な場所に移動するようにしましょう。

 

日本で人口密度が1番低いのは北海道です。北海道まで行ければゾンビの数も少ないく囲まれることも少ないので、安全にパンデミックが収まるまで生き残ることができると思います。

 

もし、フェリーや飛行機が運行していなくて、陸路で移動しなければいけない場合は秋田や岩手が次に人口密度が少ないのでオススメです。

 

秋田や岩手でも人が多い場所は避けて、山の中にシェルターを作って避難しておくのが良いと思います。

 

ゾンビが腐敗せずに生き続ける場合も人口密度の低い場所に移動して、自衛隊などがゾンビを撃退するのを待つようにしましょう。

 

ゾンビから逃げるときにオススメの場所と逃げてはいけない場所を紹介!!

 

ゾンビ用の装備を用意しておく

 

 

 

ゾンビが空気感染ではなく、接触感染の場合は噛まれても大丈夫なように装備を用意しておくのが良いと思います。

 

ライダースなどの革製の服だと噛まれても歯が肉までたどり着かないので比較的安全にゾンビと戦闘をすることができます。

 

プロテクターなどをつけておくのも良いかもしれませんが、逃げたりすることを考えて、動きやすい服装の方がいいので、ライダースなどの革製の洋服を選ぶのがいいと思います。

 

一つ家にあるだけでゾンビが発生したときに使えるので用意しておくのもいいかもしれません。

 

ゾンビ対策にオススメの防具について紹介!!

 

hosum 救急セット ファーストエイド キット 災害 登山 アウトドア サバイバル 旅行 自宅 携帯用 緊急応急 救急箱

サバイバル読本DELUXE(Fielder特別編集) (サクラムック)