ゾンビの生態について、いろいろなパターンを考察

2019年3月21日

ゾンビの生態について、いろいろなパターンを考察ゾンビ

ゾンビが発生した場合、ゾンビから安全に逃げるためにはゾンビの生態について正しく理解する必要があります。今回の記事ではゾンビの生態について考えてみたいと思います。

 

 

ゾンビ映画によって、ゾンビの生態には共通点はいくつもあるが、異なる点もたくさんあります。

 

もし、現実にゾンビが発生してしまったら、正しくゾンビの生態をしり、正しく行動することで安全にゾンビから逃げ切ることができます。

 

今回の記事では、ゾンビの生態について考えてみようと思うので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ゾンビの身体能力について

 

 

ゾンビの身体能力は作品によって異なります。

 

多くの作品ではゾンビは身体能力が低く、人間よりも力が弱く走ることもできません。

 

ただ、映画『28日後・・・』では人間がウィルスによって凶暴になり、素早く走り回ることができるゾンビが登場しています。

 

狂犬病になると幻覚や混乱、不安による錯乱などの症状が出ます。狂犬病が由来のゾンビウィルスが発生したら、走れて力も強いゾンビが発生する可能性もあります。

 

 

 

ゾンビの身体的な特徴

 

 

ゾンビは人間と同じように視覚があって、主に目から情報を得ていると考えられます。

 

視力が特別良いわけではなく、映画によっては割と近くにいても気づかれないことがあるので、腐敗して視力が低下したり、目がなくなったりすることがあるのかもしれません。

 

聴覚に関してはとても敏感になっている映画が多く、暗闇でも音によって人間を探すこともできるようです。

 

ゾンビの嗅覚は非常に良いのだと思います。音や視力だけで人間とゾンビを見分けることはできないので、ゾンビは嗅覚によって人間とゾンビを見分けているのだと思います。

 

作品によってはゾンビの死肉を体に塗ることで、ゾンビに気づかれないシーンもあります。

 

 

 

ゾンビの知性について

 

 

感染したばかりだと人間と同じような知性があるが、完全に感染すると知性が低くなり、しゃべることもできなくなるのがゾンビ映画では常識です。

 

ただ、ドアの場所がわかっていたり、武器を持ってゾンビもいるので、全く知性がないわけでなく、日常的に使っていたものに対する記憶があるのだと考えられます。

 

ただ、人間以上に知性があるわけではありません。人間と同等に知性があって死なないとなったら、対抗できる手段はないと思います。

 

 

 

ゾンビの腐敗について

 

 

ゾンビは死んでいるので、腐敗していると考えられます。

 

人間が死んで1番最初に腐敗するのが目だそうです。ゾンビが発生した場合は古いゾンビには目がない可能性があります。

 

本来であれば数週間で骨以外の部分は全て腐敗するので、1ヶ月でも自宅で待機することができればゾンビが発生した世界でも生き残ることができるかもしれません。

 

全てが腐敗するためには数年かかってしまいますが、歩くために重要に筋肉なども腐敗すればそれほど怖がらずにゾンビを倒すことができると思います。

 

 

 

ゾンビの感染経路について

 

 

作品によってゾンビの感染経路違います。

 

ゾンビの感染経路は多く分けて空気感染と噛まれて感染する2種類です。インフルエンザのように空気感染するウィルスだとゾンビと接触しなくても感染してしまうことがあります。

 

なのでゾンビが発生したらまずはゾンビの感染経路について調べておくようにしましょう。

 

ゾンビを安全に倒すには?ゾンビを確実に倒す方法とオススメの武器を紹介!!

hosum 救急セット ファーストエイド キット 災害 登山 アウトドア サバイバル 旅行 自宅 携帯用 緊急応急 救急箱

サバイバル読本DELUXE(Fielder特別編集) (サクラムック)