炭を作ろう!簡単でできる炭の作り方や昔ながらの方法を紹介!!

炭を作ろう!簡単でできる炭の作り方や昔ながらの方法を紹介!!サバイバル環境で、炭を作るにはどうしたらいのでしょうか。炭がありことで、火を高温にすることができるので、土器を作ったり、レンガを作ったりしようとする場合は炭が必要になります。今回の記事では簡単にできる炭の作り方を紹介します。

 

 

炭の作り方は原理さえ知っていれば簡単に作ることができます。炭を作るために必要な最良も入手しやすいのでサバイバル環境でも炭は簡単に作ることができます。

 

サバイバル環境で炭があれば調理以外にも土器を作る場合にも役立つほか、浄水器を作る場合にも必要になるので、サバイバル時には炭を作っておくのがいいと思います。

 

今回の記事では、サバイバル時に簡単に炭を作る方法を紹介するので、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

炭ができる原理

 

 

まずは炭ができる原理について紹介します。

 

炭の原料には様々なものが使われていますが、炭ができる原理はどれも同じです。炭ができる原理がわかっていると、炭を作るイメージも湧きやすくなると思います。

 

 

 

空気と結合できないと炭素が残る

 

 

木を普通に燃やすと最終ていには全て燃えて灰だけになります。空気に触れていると燃えているときに炭素が空気と結合して燃え切ってしまいます。

 

なので、空気と結合できない状態で木を燃やすときの中の炭素と空気が結合することができないので炭素だけが残り炭を作ることができます。

 

酸素のと結合できない状態で燃やしていると木からは水蒸気やガスだけが抜けて炭素だけになります。

 

 

 

一斗缶を使った炭の作り方

 

 

1番簡単に炭を作ろうと思ったら、一斗缶を使って炭を作るのが簡単です。一斗缶やドラム缶などがあったら、それを使って炭を作るのがいいと思います。

 

一斗缶やドラム缶に木を隙間ができないように詰めて蓋をしましょう。蓋がない場合は泥を盛って蓋をするようにしましょう。

 

木を詰めて蓋をしたら、カマドなどにを作って、一斗缶に火をかけます。最初は黄色っぽい煙が出ていますが、燃やし続けていると煙が白くなります。

 

煙が白くなったら、一斗缶を土の中に埋めて炭の火を消します。そのまま数時間置いて冷ますことで木炭が完成します。

 

 

 

窯を使った炭の作り方

 

 

一斗缶などがない場合は簡単でもいいので蔵を作って炭を作るのがいいと思います。

 

窯を作るのは穴を掘ったりなど大変ですが、小さいものであれば比較的簡単に作ることができます。

 

炭を作るために必要な資源がない場合は自分で窯を作るのがいいと思います。窯の作り方は適当な場所に丸く穴を掘りましょう。

 

穴の大きさや深さは作る炭の量に合わせるようにしてください。丸く穴を掘ったら焚火口と煙突を作ります。

 

焚火口を煙突を作ったら、釜の中にみっちり木を縦に入れてください。木をみっちり縦に入れたら、その上にさらに木を横向きに並べてください。

 

ある程度並べてドーム状になったら、大きな葉っぱなどを敷いて、その上から砂をかけます。砂をかけたら、水をかけながら木などで叩いたり足で産んだりしながら固めて行ってください。

 

砂を固めたら焚火口から火をつけて、中の木を燃やしてください。焚火口は後でふさぐので大きすぎないようにしましょう。

 

中の木を燃やして、煙が白くなってきたら、煙突部分と焚火口部分を塞いで一晩おけば炭の完成です。

 

一斗缶やドラム缶を使った方法よりも準備が入り大変ですが、慣れれば大量の炭を作ることができるのでオススメの方法です。

 

 

hosum 救急セット ファーストエイド キット 災害 登山 アウトドア サバイバル 旅行 自宅 携帯用 緊急応急 救急箱

サバイバル読本DELUXE(Fielder特別編集) (サクラムック)