遭難時に役立つサバイバルアイテムを紹介!!

2019年3月22日

遭難時に役立つサバイバルアイテムを紹介!!

サバイバルグッズはいざという時に役に立ちます。遭難したときや災害時など非常に心強いアイテムです。今回の記事では遭難時に役立つサバイバルアイテムを紹介します。

 

 

地震などの震災時や登山中に遭難してしまった場合などに、サバイバルアイテムがあれば心強いです。

 

サバイバルアイテムはホームセンターや通販で手軽に購入することができるので、登山などのアウトドアをしている方や震災などに備えて、必要だと思うサバイバルアイテムを用意しておくのがいいと思います。

 

今回の記事では、遭難時に役立つサバイバルアイテムを紹介するので、ざひ読んでみてください。

 

 

 

遭難時にオススメのアイテム ヒートシート

 

 

人間は体温を保つことができないと、3時間程度で死んでしまいます。津波や洪水があった場合は体温を下げないようにして救助を待つ必要があります。

 

そんなときに役に立つのがヒートシートです。ブランケットになっていて、ヒートシートで体を覆うことで、体熱の90%を反ささせて体温を維持することができます。

 

軽量で小さく折りたたまれていてコンパクトなので、バックに入れておいたり、自宅に置いておくだけでもしものときに役立ちます。

 

色も派手なオレンジ色をしているので、救助をする時の目印にもなるので、山で遭難している時など救助隊も見つけやすくなります。

 

 

携帯用浄水器

 

 

水を確保することも生き延びるためには大切です。人間は食料がなくても1週間程度生きて行くことはできますが、水分がないと3日程度しか生きられないそうです。

 

震災の時や遭難したときは救助が車で自分で飲み水を確保しなければいけません。遭難したときに沢を見つけることができたり、水があったとしても飲み水として飲むことができるとは限りません。

 

そんなときに役立つのが携帯用の浄水器です。携帯用の浄水器で約38万リットルの水を浄水することができます。

 

いざという時のために一つバックに入れておくのがいいと思います。

 

サバイバル時に飲み水を確保しよう!様々な飲み水の集め方を紹介!!

 

多機能サバイバルブレスレッド

 

 

ロープがあると遭難した時にシェルターを作ることができたりなど便利です。このブレスレッドはパラコードが編み込まれて括られているので、解くことでロープとして使うことができます。

 

他にはファイヤースターターやホイッスル、コンパスがついているので、遭難時に役に立つアイテムです。

 

身につけておくことができるサバイバルアイテムで、値段も安いので、もしもの時のために身につけておくのがいいと思います。

 

サバイバル時に飲み水を確保しよう!様々な飲み水の集め方を紹介!!

 

ストームプルーフマッチ

 

 

水にに濡れたり、風に吹かれても消えない頼もしいマッチです。普通のマッチでは使えない状況でも使うことができるので、遭難時に役に立つアイテムです。

 

値段は少し高めですが、コンパクトなのでバックにコンパクトに収納することができるのでオススメです。

 

 

ポケットサバイバルグッズ

 

 

遭難時など緊急時に役にたるアイテムがたくさん入っている商品です。個々に購入するよりも値段も安いのでオススメです。

 

ミラーやホイッスル、ライターやコンパクなど様々ななどのアイテムが揃っています。

 

生き延びることを考えて作られている商品で、コンパクトに収納されているので、バックなどに簡単にしまっておくことができます。

 

 

hosum 救急セット ファーストエイド キット 災害 登山 アウトドア サバイバル 旅行 自宅 携帯用 緊急応急 救急箱

サバイバル読本DELUXE(Fielder特別編集) (サクラムック)